忍者ブログ

珈琲を飲む

絵を置いたり萌え語りをしている、2次創作ブログです。
MENU

ENTRY NAVI

推しカプ


急に描きたくなったので、描いてみました。すごく久しぶりだー!ずっと早期特典つきのソフトを探してたんですが、もう見つからないしダウンロード期限も迫ってそうなのであきらめて通常版買おうかなと思います……何で買っとかなかったの!まあいいやって思ってたし(すみません)、Switchも当分買わないつもりだったから早期特典も持ち腐れになると思ってたわけですよ(すみません)。まさか、夢を見る島という個人的キラータイトルが出てしまったのでしたが……とピオフィ。今になって遊びたいとかバカですね。9月にDL版のセールもやってたのに!ばかー!あ、その時買った遙か2も遊ばなくては!4も売ってほしい。有馬と梓は結婚したのでしょうか。気になります。遙か7は早期特典の内容にもよりますが購入できるうちに買いたいです。主人公がすごく好みです!!

拍手

PR

遙か6のまんが


昔、戦国無双でこういうネタを描いたなと、漫画を描き終わってから気がついたんですがもったいないので上げました。すみません。

まだトロコンしてないんですが、だいたい用語集のせいなんですが、用語集……。でも全員クリアしたし、近いうちに幻燈ロンドを遊びたいですね。ちょろっと感想をみたら、無印と全然違うのかな?過去に飛んだり未来に行ったりするのか?な?よく分からないですが…。その前に放置状態になってしまっている4をどうにかしたいのですが、PSPで遊ぶのが辛くなってまして。さすがにVitaに慣れてしまったこの体ではPSPは辛いんじゃー!Vitaでダウンロード版でいいから出してくれないかなあ。1がリメイクされるので、待っていたら4もVitaで出るかな~。

今回の漫画はべた塗りまでアナログで作業してみました。5年以上ぶりだったので、何だか新鮮で楽しかったです。紙に描くのもいいですね。

拍手

大団円の感想と最萌えの話

一気にスキップして大団円も見ました。
これが幻燈ロンドに繋がるのかな?
千代がいるし八葉も選ばれていないし、割と根性でラスボス倒した感じだろうか?
梓と千代は目的を果たしたから、神子じゃなくなったのだろうか。
一応、梓は元に戻る期間を猶予してもらってるけど……。
何じゃあの最後のスチルはーーーーーーーーー!
ルードとかコハクとか可愛かったんだけど、何だろうこれって感じで
真顔になってしまった。かっこよかったんですが、見たかったもの
じゃなかったかも……あ、でも九段とか村雨とかいつもと違った雰囲気で新鮮でした~。
終わってみれば、千代が梓の世界に飛んで誰かとの恋愛を成就させて…のほうが
物語的にしっくりくるなと思いました。
大団円で梓が「おじいちゃんとおばあちゃんの名前と同じだ」と
触れているし、このまま千代が留まったら梓が生まれないのではと
気が気でなかったです。

豆辞典が11個足りないし、カードも集まっていないのですが
ストーリーは全部見られました。いろいろ突っ込んでしまいましたが
楽しかったです!なんだかんだ言いつつ、どのキャラも良かったし
ノーマルルートもすごく好きだったし!バッドエンドはなかったですね。
帝都壊滅エンドがあるかなと、ちょっとドキドキしてました。
エンディングの余韻に浸っていたい~無印の後日談がみたい~。
コハクが幸せに過ごしている姿ってないのかな。少し心残り…。
幻燈ロンドでは幸せになってるよね???
幻燈ロンドは少しあいだを置いてから遊ぼうかなーと思います。

で、最萌えの話なのですが!
乙女ゲーは数作しか遊んでいないのですが、寡黙でいっきにデレてくる人が
好きなことが多くて、遙か6でもそのタイプの有馬が一番好みでした。
梓を助けに行くシーンは秋兵と九段が語る後日談を含めて
すごく好きです。何度も見返してしまう。

最後のスチルで名前を呼んでくれていたのが好きでしたね。うふふ。
あと、梓も自警団に入るのも好みだ~。梓の服装もかわいい。
ソフトと一緒にコミカライズも買っておいたので(気が早い)、やっと読めます。
楽しみ!どのあたりまで進んでるのかな。

長々としつつまとまりのないプレイ日記でしたが、ここまでありがとうございました。

拍手

秋兵をクリアしました

最後の一人まできました。
「はじめから」でスタートして秋兵をクリアしました。ふおー。
家族の絆に焦点をあてていた話でしたね。
告白がはやくて、ふおーと興奮していたところにさらに、現代に残してきた家族と
秋兵への想いで揺れる梓を見せられてこちらもドキリとしました。
有無を言わせずに現代に戻らされるのどうなんだよって感じですが、
一旦現代に戻ってから、黒龍の願いをかなえてもらって戻ってくるのは
このルートならではって感じで良かったです。とんぼ返りすぎてちょっと笑った。
最後もマダム片霧で笑った。それより名前がさりげなく「片霧梓」に
なってた方が萌えてしまったですよ。「家族」の話なのもあって
結婚まで一気に進んだのかー有馬との差別化にもなってますね。
父子の関係のストーリーや八葉がそろう最終話も楽しかった。
やっぱり全員揃って戦うのがいいな。
一つ残念だったのは、秋兵の心の声がたくさん読めてしまったことかな。
他のキャラより多めだった。ノベルゲーだったらいいかもしれませんが
乙女ゲーなのでもう少し抑えても大丈夫だったんじゃないかなと思う。
プレイヤーは梓ではないので、ストーリーの全体も見られるし
1周目でなければいろいろ察していけるし……という感じで。
話はとても良かったです。何だい最後のスチルは。

あと、攻略サイトの力も借りてミニキャラの札も集めました。
クリア後にもらえるカードを集めないと黒麒麟に挑めないと思ってたら
ミニキャラだけで戦えました。強いぞ黒麒麟。ラスボス戦で出して使いました。

トロフィーの確認をしたのですが、豆辞典はいいとして、全部のカードを集めるって
敵のカードも含めてでしょうか……だとしたら何ちゅうもん入れてくれてるんだ……!!
とにかく大団円を見てきます。

拍手

ダリウスをクリアしました

ダリウスをクリアしました
面白かったじゃないの……!!!

ずっと梓が「仲直りをしたい」って動いてたのが微笑ましかった。仲違いというか
すれ違いというか。あと、憑闇の正体に自分から気がついたのは良かったです。
このルート、ボス戦が3回もあって、そういう意味では1周目にしなくて良かった…。
攻略対象とバトルになるなんて、珍しいですね。展開的にも少女まんがのような、
いろんな要素をたくさん詰め込んだルートで楽しかった。最後にいきなり時間が
ばーんと過ぎちゃうとか、梓がダリウスを助けることにすべてを費やすとか、
結婚式を挙げちゃうとかね。あと、ストーリーを鬼側から見られたのも面白かったな。
後半になったらヤンデレ感は薄まったし、熱い展開と萌えと多めのいいルートでした。

遙かシリーズって全然分からないままプレイしてたんですけど、鬼って
歴代シリーズにも登場しているのかな? 最初って平安時代から始まって
いるんだよね? だとすると時代的には鬼が出てくるのは何の違和感も
ないんだけど、大正時代の鬼たちは生き辛そうだなと思った。

勢いで描いたエンディングまんが↓


一年後のシーンで花の中で寝ててちょっと笑ってしまった。
ずっとそこで寝てたのか?雨ざらしか?ダリウスのスチルはほんと煌びやかというか
めちゃくちゃ華があったな。やっぱり見た目だけなら一番好きだな。
あと、イケメンは描きにくいですね。画力が欲しい…。

拍手

× CLOSE

ブログ内検索

プロフィール

HN:
ながふじ
性別:
非公開
自己紹介:


こちらにもまんがを置いています。

P R

× CLOSE

Copyright © 珈琲を飲む : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]